HOME>注目記事>共稼ぎの子育て世代に便利な施設が揃っている街

種類やグレードについて

男性

武蔵小杉は子育て世帯に人気のエリアとなっています。賃貸の種類としては、大きく分けると3つになり、今回家族連れを想定して2LDK、50㎡以上を想定してお話させて頂きます。1つは駅から近く、最近建てられたグレードの高いタワーマンション。広さや階数にもよりますがファミリータイプですと20万円代になります。少し高いですが共有施設などは24時間コンシェルジュ対応、スポーツジムなども完備されていたりなどまるでホテルのような住まいです。2つ目は一般的なマンションタイプの賃貸。徒歩10分ほどまで広げれば家賃も14万円前後でおさまります。武蔵小杉は賃貸の供給は多い方ですので運が良ければ、徒歩3分ほどのタワーマンションに匹敵する立地を低価格で借りることが借りることができますので予算に限りがある方はこちらが狙い目です。3つ目は駅から少し離れた一軒家タイプ。築年数はいっていますが、その分広い間取りや庭付きなども選ぶことができます。賃料は意外と2つ目のマンションタイプとかわりませんが、物件によっては敷金礼金が高い場合がありますのでそこは注意です。

まず確認すべきこと

間取り図

武蔵小杉は東急東横線、横須賀線、南武線の3つの路線が通っていますので大変便利です。しかし同じ武蔵小杉駅といっても若干離れており、例えば南武線から横須賀線へと乗り換えようとしますと駅構内でも徒歩5分以上かかります。まずはご自身が普段利用する路線も意識して賃貸物件を確認することをおすすめします。また、子育て世帯に大変人気ですが最近では保育園の待機問題がある地域です。しかし認証保育園(認可外ですが川崎市独自で定めた基準を超えた保育園)や預かり保育が充実している幼稚園など選択肢も増えてきています。中には英語などの保育を売りにしているなどユニークなところもあります。まずはお子様のことを考えながら認可保育園を検討しつつ、複数の保育園、幼稚園も合わせて検討することをおすすめします。